テラピア好調


27653_s.jpg


工場から車で15分の、中国で言うところの「農荘」へいってきた。ここは、以前地鶏を食べに客先と何度か来たことがあるが、釣りに来たのはこれが初めて。静かな環境ときれいめな水質が好印象で、いつか釣りに、と考えていたのだ。


大きめの半人造湖に2つの橋がかけられている。タックルボックスを片手に3時間かけて湖を一周、バイブ、シンキングミノー、スプーンと試すが、小さなコツコツ当たりがあるもののヒットはなし、中央にかけられている橋へ目が向いた。


橋の上からワームをキャスト、ゆっくり引いてくる、やはり小さなコツコツ当たりのみ。今度はぎりぎり橋沿いをたまにフォールさせながら引く、今度はゴツゴツ当たりが来た。分かった、こいつら橋脚に付いてるんだ。

すぐに橋脚上部へ移動し、柱ギリギリにまっすぐ落とし込む、3回目で来た、ゴゴンという当たりで突っ込みが小気味良い引きだ。右手でロッドを持ち、しばし引きを楽しんでから、一気に抜き上げた、およそ25cm程度の型の良いテラピアである。


そこからテラピアは続いた。計2時間で22匹のテラピアを釣り上げた、すべて橋の上からの落とし込みである。こうなると完全に「堤防のチヌの落とし込み釣り」状態である。魚は上から落ちてくるものに反射的に食いつく習性がある、自然な速度で落下させるのも効果があるが、異常な速さでストーンと落ちてくるものにもかなり反応をする。今回私はジグヘッドを使用していたから後者だろう。




釣堀のルールなので、釣った魚はすべてビクに入れておいた。この数しかもすべてテラピアだから、ちょっと引くかもしれない。

これだけ釣れると全部テラピアだろうがなんだろうがかなり面白い、これが続くと飽きないか心配だ。写真は当日最大の30UPの尺テラである。引きも確かにチヌににてるかもな。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック