Mリグという名のボディブロー

27718_s.jpg

その釣果のためにいわずと知れた急沸騰の「Mリグ」。ベテラン釣り師達が「フカセ」や「落とし込み」で釣るのを尻目に、若手のルアーアングラーは、このMリグで年なしチヌを釣りまくっている。


【ミノープラグの前側フックを外し、ガン玉をプライヤーで取り付け、後ろ側のフックをダブルフックへ交換する】、これがMリグの作り方。非常に簡単な改造を加えるだけなのだが、フォール時、底引き時ともにチヌの食いを期待できるということだ。


もともと動きの良いミノーに重みをさらに加え一気に沈ませ、底をつつきながら引くことによりチヌの食いを誘う。底を引くときに、リップが底の泥を巻き上げるため、カニ・エビ・シャコなどチヌの好物である小生物に似せたイメージを持たせることができる。



動きが良い。自分的には、Mリグってバイブレーションプラグの動きにさらに腰のある回転動作をプラスしたようなアクションをしているように見える。


根掛かりしない。フック変更があり、なおかつ前傾姿勢で底をこすっているため、根掛かりが非常に少ないのは事実。


もちろん沈みが早くテンポ良く攻めの釣りができる。重量が増すのでキャストもし易い。


不要な在庫ルアーをガン玉一つで改造することにより、一級戦士に仕立て上げることだって可能。



と、いろんなメリットが連想される。チヌの食性からいって、オレンジ〜金系が良いとされているらしい。それで、初代Mリグが「ラパラ」のオレンジだったと聞く。しかし、ある専門家によると黒鯛は色盲だとか。実際どうなんだろうか?まあ、オレンジ系のMリグに実績があるのは事実だ。




こう考えると、チヌに限らず使える発想であり仕掛けなのだ。多種多様な魚が底に存在するものを食しているのだから。古くからチヌをはじめいろんなターゲットにいろんな釣りをしてきた方の話を聞いても、「底を擦る」という動作は間違いなく「効く」ということだ。




今現在、バラマンディにはまっている自分だが、「主役登場、バラ」の記事でバラをヒットさせたのも実は「Mリグ」タイプに改造した名もなきミノーなのだ。魚が水面を警戒し始めたとき、スレているとき、また水温の変化が大きいとき、底にいるやつらをこいつで攻め込むことができる。前フックがないために気になっていた合わせも、「底をつついていて、竿先を持っていかれるような当たりで大きめに合わせる」で問題なかった。





チヌどころかバラマンディにも、こいつはボディーブローのような”効く〜!”アイテムかもしれない。まあ、動きを見ると「コークスクリューブロー」ってとこか。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック