まだまだ勉強中

28046_s.jpg


またまたコロソマ山荘へ。理由は近いから。



ただし今回は行く前にちょっとだけ寄り道。途中の橋の下で釣ってみたんだ。

ライギョとかナマズ系がいるかなと思い、適当なポッパーを投げるが、アタリはなし、ただ、40UPくらいのが呼吸に上がってくるときのボイルは確認できた。

いるね、やっぱりいたんだね。。。。

しかし、キッタナイ川でした。




コロソマ山荘は3時間と言う短い時間だったけど、改めてコロソマというターゲットの難しさを思い知らされた。


場所さえきちんと押えれば、アタリはガンガンあるけど、フッキングに持ち込めない。


TOTALで大体半分もフッキングに持ち込めてない。



ただでさえ小さい口だから、ショートバイトだと、アワセが難しい。

歯が鋭く、ルアーがはじかれやすい。

あごも硬いので、フックアップが難しい。

という理由かな。



がっちり掛かったときの状態は、下記いずれかが多かったと思う。


・フック1個が口の中へ入っており、3本ある中で2本が上下のあごへそれぞれ食い込んでいる。

・口の脇に1本がしっかり掛かっている。


後者はあごの硬いクロダイを釣る方なら良く知っている理想的なフッキング状態だと思う。

ベテランチヌ釣り師だと、釣り上げたクロダイは口の横に針がかかっている。




しかし、シッポにスレのレンギョは引きますね。

写真は60UPのレンギョ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック