中国にピラニア出現

広東省の隣に、広西と言う場所がある。

そこで、ピラニアによる人的被害が出たらしい。



詳しくは、「網易新聞中心」の下記URLを参照ください。


ちなみに、「中心」は「センター」ですので、「ネットワークニュースセンター」とでも言いましょうか。

28437_s.jpg

ここを見ると、事件が起きたのは7/7午後、広西の「柳州」というところで、張さんが愛犬を川で洗ってあげていたところ、ピラニア(当地名:人食い魚)の襲撃に遭遇。当地では川で水浴びをするのが日常の習慣になっているのだから、聞くだけで恐ろしい。

7/9に市が動き漁民の協力を得て網を放ったが、上がってきたほとんどがケツギョだった模様。




一匹捕まえたら1000RMB


釣り人がレスキュー隊として活躍できるかも。レッツTRY!!




アマゾンの魚が、なぜ中国に!?

生態系がおかしくなっているというか、いろんな魚を輸入しすぎたのでしょうか。



いつか「ピラニア釣堀」なんてのが出来たり?。。。怖いーーーーー!

おススメルアーは「肉ワーム」なんて。





「コロソマ」は似てるけど違いますよ。

コロソマは大丈夫、安全なんです。

ホントに大丈夫なんですよ~。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック