キビレの蒸し煮で夕食を




天気予報の地図にもお日様の顔が見え始め、空に目をやると先週までずっとジトジトしていた雲にやっと切れ目が見え始めた。


交差点の斜め向かいにあった工場がなくなっていた。更地になったところにブルドーザーやショベルカー、ダンプカーといった働く自動車達がウロウロと少し忙しそうに動いてる。そこの工事から揚がる粉塵かはては湿気の濃い空気なのか、そこの敷地のもっと向こうにある小高い森を見る視界がぼやけてる。その森には公園があり、今日のような休日は子連れで賑わってるんだろう。


30227_s.jpg
夕方ジャスコへ行き買出ししたときに、あまり魚料理をしない嫁が魚コーナーでキビレを見つけ、鳥はダメだから魚にしようよ、蒸し煮にするから、と。

なるほど先月購入した、「万能自動蒸し物製造機」がまた活躍するんだな。

広東省ではとくに「煲汤(バオタン)」といって、汗で体力を消耗する暑い夏に効率的に栄養を補給することができるスープを自家でつくるのだが、それを「万能自動蒸し物製造機」で作ることができる。地元民としては一家に一台が基本という便利アイテム。


前処理をしたキビレをこれで10分間蒸す、長すぎると魚の身がぼろぼろになるから。別にタレを、醤油・砂糖・味の素・みりんで作成し、ねぎと生姜を乗せたキビレへシューッと掛けて出来上がり。

好みで割いたキビレの腹へ刻んだニンニクを封じ込めてから蒸してもok。




道路の斜め向かいで四角形にきれいに地盤を掘っているのをみて、おっ釣堀らしきものができてるぞ、と私。

何でもかんでも釣りなんだから!と嫁。


長引いてた風邪も大分直ってきたようだ。


この記事へのコメント

赤松
2013年04月21日 10:41
いきなりのコメント失礼致します。
初めまして。赤松と言います。(男、24歳)
昨年11月から石大路鎮の機械工業区に駐在しています。
休日にすることもなく釣りでも始めたいと思っているのですが、経験がないし周りでやっている人もいないので実行できずにいます。
機会があればご一緒させて頂けないでしょうか。
サンペイ
2013年04月21日 11:45
赤松さん
こんにちは。

お住まいは東ガンの石大路でしょうか?
土日にでもぜひご一緒しましょう!
赤松
2013年04月21日 17:17
サンペイさん
有難う御座います。
初心者ですが宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック