ブラックバスでめでタイ

31472_s.jpg



2013年も終わりを迎え2014年のカレンダーが真新しく照れくさい。


ニュースを見ると各地の雪化粧やら紅白やらで賑わっており例の正月の雰囲気だ。

今年は中国での年越しだったので、なんか実感がわかないが、こうして少し遠くから見ててもやっぱり日本の正月はいい。コタツに入ってジンベイを羽織りながら背中を丸めてモチが食べたくなってきた。


正月の祝いタイがどんどん準備されているのを写真で見ながら、地磯にでも行ってチヌでもやるか!?と思ったが、やはりたった半日の時間でいくのは至極困難を極めたので東ガン地区での年明け釣行と相成った。



日本で言うと3月の晴れ間のような気持ち良い太陽のなか「新豪」での釣りを開始。


クランク、クローでだめ、反応も前回より極端に悪くなってる。2時間くらい2ヒット0ゲッツででこれやばいか!?とあきらめかけ最後に望みを託した流れ出し部で連続3ゲッツ、ようやくやる気になる。


日本より連れてきたアカハラのピーナッツがすごい。こいつだけでバスを相当あげてる。

しかしそれも悲しく今回で殉職。。。。



6時ごろ寒くなったので撤収~!となりました。新年初日でボウズだけは免れられてよかった~。。。。

ワイルドに移行したいとか言いながらなかなかできずにいるけど、とにかくバスフィッシングを楽しめた元旦でした!!



次は珠海の自然の海で釣るぞ~!

秘密の穴場があるのだ~(笑)


今年もトキドキ更新型ブログ「華南釣り道中」をよろしくお願いしまーす!!!。


この記事へのコメント

大陸
2014年01月12日 16:20
そちらはまだ放流してないんですかね
ここ数日は日もさして気持ちのいい日が多いですね。またすぐ暑くなるかもしれませんが。
本年もどうぞよろしくお願いします~
サンペイ
2014年01月31日 19:00
放流をしたタイミングで小さいのがバカスカ釣れてしばらくすると数こそ少なくなるものの、若干サイズアップはしますよね。こっちは管釣りでもコンディションが変わりすぎるので、なんだこりゃって感じになります。
時間合わせてまたご一緒しましょう。

この記事へのトラックバック