ひさびさ!バスフィッシング

かなりインターバルが空いている。

華南地区釣り師サンペイの久々の釣行は短い。目的地へ急ぐ空を見上げる。

青は藍より出藍より青しか・・・・・。



と切れのよい硬派な語り口で言葉を滑らせていく、、、ようなほどの記事ではなかった。



たまにメールをいただいてた。

「サンペイさん、釣り道中どうなのよ??」「釣り行ってる?」「なんで最近記事UPないのよ?」


・・・・マジでネタがないんです~。


そんなサンペイのネタのなさげな気配を感じて

「たまには釣り行きましょう!」「ネタなんか自分で作るもんだ!」「食べれるのを釣って料理しましょう」「みんなで行こうぜ!」「ムール貝のワイン蒸しだな!」「戻りガツオのほうが数が多いのです」「グイッと行きましょう!」

と励ましてくれる仲間がいてサンペイはホントに幸せもんです。


そんなM先輩の送別会の次の日、工場は事前通知どおり停電。これは行かなくては・・・!中山へ帰還する途中で車が勝手に松山湖の新豪へ。みんなが元気をくれたから・・・・。



峠を軽く攻めながら到着、さらっと池を見渡す。釣り人少なし、ルアーマン0、水面静か、風ほとんどなし。

岸際をよく見ていくと、結構いい型のも付いている。ワッキーで探り水面を虫系で誘うもダメ。こりゃ今はシャローはだめかな。


ローライト/ときどき雨、キラッキラのジャーク系シャッドで沖へロングキャスト。

水面が黒くひたひたしているところの下には根がある。これ1M強は潜る、何かしらそこにいるはずだ。


中央に横たわる根があるようだ、それにそってワンキャスト、ツーキャスト、と移動しながらタダ巻きで投げてく。

まさにこの池のど真ん中くらいに行ったときだろうか、巻き始め1メートルくらいで、コーーンときた。

一旦潜って即ジャンプ!!ケツギョか??!いやブラックバスでした!

32928_s.jpg



釣り自体久しぶりかつ狙ったところでのヒット&池の真ん中でのジャンプ、しかもナイスバディなんで、自然と笑みが漏れた。



そういえば、こいつが釣れる前に、同じルアーでソウギョがヒット!途中でバレたが、50-60cmくらいのきれいな薄い茶褐色のソウギョ。

スレでなくバイトしたのは自分は初めて、引きはやっぱりトルクがあり強いし、走る!

他のアングラーの説を合わせて考えてみても、ソウギョは活性の高いときに、光モノ系ルアーに反応する、というのは真か。

これほどのターゲットだと次はバラしたくないな。。。


1時間半程度で釣行を終えた。

新人のJクンもなんとか夕マズメで30UPを1ゲットした!


IMG_4610.jpg





嫁が重慶へ出張しており、今日夜帰ってくる。

ついでにスーパーへより、晩飯の材料を買い出し。リクエストのあったマーボー豆腐(トウバンジャン入り、これがうまい)ときゅうり&キャベツの浅漬け、わかめスープを作っておいた。



あれっ?魚は?冷凍庫?

えっ?リリースしたけとぅ。。。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック